ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

センチメンタルな海辺の旅


ぶらり海辺の旅の最後は、「童謡の園」で締めくくりたいと思います。
ちょっと、「叱られて」の歌っぽい写りになっちゃいましたか?
ワタシの大好きな童謡をモチーフにした、「まりと殿様」の像です。
和歌山県人としては、この童謡は外せないでしょう(笑)。
海に沈んでゆく太陽を、女の子の空いている左手にあわせて、
まりと太陽をダブルで撞いているように写したらいいんでしょうけれど・・・。
・・・またいつか、機会を見つけてリベンジいたしとうございます(滝汗)。


e0156251_227031.jpg


スピリチュアルなお話をしてよろしいでしょうか。
人は亡くなって四十九日までは、この世にとどまっているという。
一週間が過ぎ、二週間、三週間・・・
送る側の家族として、どうしたら故人は喜んでくれるだろうか。
と、考えてみました。
ある方に訊きましたら、四十九日の法要であの世に旅立たれるのだから、
それまでの間に故人が行きたがった所に連れていって差し上げたら?とのお言葉が。
西国や四国のお寺めぐりでもいいし、ゆかりの地でもいい。
そうか、ならばオトウチャンを連れまわしてあ~げよっ♪
てなことで、遺影といっしょに海岸線の旅に出ました。
位牌まではちょっと・・・(^^;
この3年間は自宅療養だったから、明るい海辺でのびのびできたかな。

日帰り海の旅から帰って自宅をかたづけていたら、棚の隅から新品の音楽CDがごっそり出てきました。
なんだろう?と見たら、ドイツ・グラモフォン社のクラシック企画物CD集じゃあ~りませんか。
クラシックが好きだった父が買っていたのですが、体が悪くなり失念していたと思われます。
きゃっほ~っ、めっちゃ嬉しい♪ おおきにぃ~~~。

てか、オトウチャン、もしかして今度は「これらのCDをかけながら、ドライブせい」っちゅうことですか(笑)。
了解です(^^ゞ


和歌山県・すさみ町 枯木灘県立自然公園「日本童謡の里」にて
by tmk-efuyon | 2010-05-26 22:56 | 和歌山の風景