ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon

<   2009年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

テトラの森へ、ふたたび


大きな自然に囲まれていると、猛烈に無機質なものに囲まれたくなる時があるんです。



込み合う両側6車線道路、高速道路のジャンクション、眠らない工場群、明け方のコンビナート・・・。



真夜中に車で駆けて、ナイトクルージングしたい。  



往復6時間かけて・・・・さ。



そんなワタシの好物は、地元にはないしぃ。



大好物のネオン街もあるわけないしぃww。



じゃ、またあの場所へ行ってきますか♪



e0156251_614329.jpg




e0156251_61595.jpg




e0156251_6153829.jpg




e0156251_61663.jpg


キミたちのうちの数兄弟が、台船に載せられて、熊野の港へ入ってくるのを通勤途中に何度か見たゾ。
とってもとてもお世話になります♪

新宮港にて
by tmk-efuyon | 2009-07-31 06:57 | 新宮市

赤い神社

朱色は魔を祓う色という。
古来より寺社仏閣には朱色がよく使われています。
もっと大きく、アジアに目を向けると、原色にあふれた寺院がたくさんありますね。
ところで原色の神社って、珍しい?
朱ではなく、赤! というか、レッドの方がしっくりくるかも。
洋の魔も祓ってくれそうw


e0156251_23424552.jpg





e0156251_2343847.jpg





e0156251_23435068.jpg


切妻屋根みたいで、かわいい♪
屋根と破風だけ見たら、神社とは見え・・・
スミマセンスミマセン(^^;
PCの環境のせいか、赤色が朱色っぽくなってしまいましたかね!?
むむむ・・・スキャナーを買い換えるべきなのか、そうなのか?
(フィルムが好きで、もっともっとフィルムの世界にこだわって浸かってゆきたいのだけれど、デジタル化しなきゃUPできない、この矛盾♪)


太地町森浦 森浦蛭子神社にて
by tmk-efuyon | 2009-07-30 00:08 | 寺社仏閣

はまぼうをたずねて

浜風に誘われて、河口へと移動しました。
群生している浜朴(はまぼう)が、今を盛りに咲いています。
ちょっと、見えづらいですね・・・
スミマセンスミマセン(^^;;


e0156251_23291085.jpg




e0156251_23293751.jpg




e0156251_23301222.jpg


ところで、一見落ち着いているように見える(らしい)ワタシですが、実はかなりのあわてんぼうでして、
フィルム装填してなくて、ガーン!
電池切れで、ガーン!
カメラ忘れて、ガーン!(←これは、道中ですぐ気付いて家に取りに戻れたから、何とかセーフww)
などなどやらかしたこと多々あり。
いつの日か憧れのレンジファインダー機をいぢりたいと思っているのですが、ワタシのことだから絶対、レンズキャップはずし忘れてガーン!をやらかすだろ~な~。

そんなこんなで>どんなんやねん^^
フィルムを撮り終えたら、すぐに次の新しいフィルムを装填するようにしています。
って、常識やろ~とツッコミありがとうございます♪
ここ数日の那智勝浦町シリーズの前のフィルムのラストカットが熊野速玉大社の扇立祭でした。
夜祭を撮って暗がりでフィルムを交換したのがミスっちゃいまして・・・
フィルムセットしてシャッターでコマ送らせてる時に、やっと気付いた自分のバカバカ~。

もう夜祭を撮る時間もないのに、感度800のフィルムを・・・・ガーン!
お祭り自体は、感度400で撮っていたのにぃぃぃ。
ももも、もったいねぇ~ (>ω<) しくしく

ええ、感度がすんばらすぃ~ほど上がっちゃって上がっちゃって(苦笑)。
この薄曇り空、午後3時ごろ、たまに雲間から太陽がぁ・・・・・もうお分かりですね?
でも、頑張るっきゃないか?!
逆光でもないのにぃ、F5.6でもう露出オーバーですぅ~(汗)。
ハッ! 川面に光が反射して?
方角によってはF11で4000分の1秒か下手したら8000分の1秒に届きそうな勢いでぇ~(滝汗)。
なにげないやわらかな風景をF16とか22で撮ったど・・・ 
こんなの初めて~♪
あ~、ほんまにもったいないことをした・・・

あ、でも1枚目に写っている特急をバシッととめているので、高感度で良かったかな(^^ゞ


那智勝浦町下里 太田川河口にて
by tmk-efuyon | 2009-07-29 00:31 | 那智勝浦町

下里のはまぼう

那智勝浦町下里は好きな場所のひとつです。
特に今の時期は、浜朴(はまぼう)が黄色い花を咲かせて静かな地域に彩りをそえています。
海岸沿いや河口近くに生える浜朴は、環境を無視した造成によって年々生育地が狭められており、全国的にレッドリストの絶滅危惧種。
そんな浜朴が、下里で群生しています。


e0156251_2358597.jpg




e0156251_23583380.jpg


右手に見えますのは、西村伊作先生設計の日本基督教団紀南教会でございます。(^^ゞ
大正14年に建てられた教会の窓はサッシになり、建て増し部分もありますが、往時の雰囲気は留めています。
照ったり、曇ったり、降ったりの忙しい天気のせいか、じっとりと汗ばんで蒸し暑かったものの、しばらくしたら気持ちのいい浜風が
そよいできました。



e0156251_0123572.jpg


ムクゲの花のようで可愛いナ~と思ったら、同属でした!
それでかぁ~♪
漢字で「浜朴」の他に「黄槿」と書くのは、「黄色い槿(ムクゲ)」っちゅうことで・・・>そのまんまやんww


那智勝浦町下里にて
by tmk-efuyon | 2009-07-28 00:32 |

那智のお山の仏さま*3



e0156251_23412866.jpg




e0156251_23415887.jpg




e0156251_23423794.jpg



言葉なんかいらない。
ただただ、おがむ。
おがみたくなる。


ちっちゃなお地蔵さんたち。。。動員!
圧倒されまくり・・・でした(^^;
by tmk-efuyon | 2009-07-27 00:14 | 那智勝浦町

那智のお山の仏さま*2


e0156251_9584231.jpg




e0156251_9591267.jpg


始めは、観音さま?と思ったのですが、密教ではお地蔵さんは装身具を身に付け、髪を高く結い上げ、菩薩形に姿を現すとのことなので、
この御方は地蔵菩薩さまでしょうか。
ふっくらとした下ふくれぎみの頬がとても愛らしい。
大阪弁でいうところの「頬(ほお)たれ」ですねぇ♪
なんとも魅力的!
見晴台の阿弥陀如来像の下をぐるりと囲んだお地蔵さんたちの中に、お大師さんもいらっしゃいました。
ちゃんと赤いよだれかけ(?)をされてましたよ。^^


妙法山阿弥陀寺(真言宗)建立の仏さま方を前に
by tmk-efuyon | 2009-07-26 10:29 | 那智勝浦町

那智のお山の仏さま*1



那智山には、すてき&かわいい仏さまたちがいらっしゃいます。
阿弥陀如来、観世音菩薩、そして地蔵菩薩の皆さま方。
気になるたくさんのぶつぞうの皆々さま♪
日曜の朝、ちょっと頑張って早起きして会いに行ってきました~(^^ゞ



e0156251_0122538.jpg




e0156251_0125147.jpg



那智勝浦町那智山 見晴台にて
by tmk-efuyon | 2009-07-25 00:22 | 那智勝浦町

サマータイム



e0156251_23544498.jpg


くっきり、はっきり、ぴっしり派のニコンのF4&レンズですが、たまにこんな優しい感じに写ってくれる時があります。
ツンツンしているのに、たま~にデレッとしてくれる^^^^^^みたいな。
ん? ワタクシ、Mですかって?
いいえ、ユニクロのXLですが、何かww?


ところで。
これだけ水草(すみません、名前がわかりません)が生い茂ると、さすがに魚は跳ねられないか・・・。
by tmk-efuyon | 2009-07-24 00:28 | 那智勝浦町

梅雨明けはまだ?


ん~、昨日の皆既日食(部分日食)は残念でした。
こちらはさっぱりで・・・(^^;;
国内で見られる日食だとですね~、
2012年5月21日の金環日食(トカラ列島から東北の一部まで)
2030年6月 1日の金環日食(北海道の大部分)
2035年9月 2日の皆既日食(中部、関東の一部)

2012年だったら、3年後!
天気次第の博打勝負みたいだけど、期待をふくらませておくこととしますw


e0156251_6302588.jpg



それにしても、梅雨明けはまだか~?
今朝のテレビでお天気お兄さんが、「夏の太平洋高気圧が張り出してこないので、早くても、来週の後半ぐらいまで近畿地方の梅雨明けは・・・」と言ってました。
このままだらだらと梅雨明けしないで、夏に突入でしょうか。
天気も、経済も、そして政治もカラリと明けてほしいです・・・
by tmk-efuyon | 2009-07-23 06:56 | 出来事

熊野川の三反帆


新熊野大橋を渡って新宮へ入る途中、橋上より川舟発見。
これは・・・!
もう行くしかないでしょうww
間に合うか? けっこう川舟って思っているより速いんですよね。
追いかけて、追いかけて、追いかけて。
お待ちくだされぇ~(^^;


e0156251_6433982.jpg




e0156251_6291419.jpg


懐かしの川舟「三反帆」です。
昭和30年代までは、生活、運送の足に利用されていたこの舟ですが、今は観光用に復活しています。
これでも何とか追いついたんですよぉ。
次は上流に回りこんでぇ~と思った瞬間、帆をするすると下げているじゃありませんか~(苦笑)。
船着場到着・・・。

いつもの見慣れた熊野川ですが、三反帆のおかげで何となく大河のようです♪
by tmk-efuyon | 2009-07-22 06:46 | 風景