ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon

<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

夜霧

車での通勤の行き帰りは、毎日毎日がただ平凡に過ぎていくものですが、たまに心躍らせてくれる時があります。
夜霧が発生するのです。
朝8時すぎに出勤している身には、朝霧に出会えないので、今日は夜霧が出てるな~なんて分かると、ウキウキ状態です。
朝霧が発生する場所は遠すぎて・・・
夜霧よ、今夜もありがとう♪
e0156251_7124965.jpg


e0156251_713194.jpg

先週に撮りました。
左手にぃ~ 製紙工場♪
ちょっとユーミンの歌の気分。
夜霧の翌朝はいつも、雲と煙でモックモク!
by tmk-efuyon | 2009-01-31 07:22 | 夜景 | Comments(4)
今年は藤堂高虎公入府400年記念!
高虎公にあらせられます。
e0156251_2357791.jpg

ど~ん!
自分でも意外に銅像、石造を撮るの好きになってきました(^^ゞ

様々なイベントが繰り広げられている中で、ひときわ目立つこの子!
ひと目会ったその日から、もう忘れられないw
愛くるおしいキャラクター

シロモチくん出陣です♪
e0156251_0102041.jpg

まだ高虎公が若く貧しかったころ、餅屋で丸餅をツマミ食いしてしまった。
けれども餅屋の主人は咎めることなく、高虎公に情けをかけた。
後年、高虎公はその恩を忘れないようにと、「城持ち」に通じる紺地に白い丸餅を3つ並べた白餅柄を藤堂家の旗印に・・・。
シロモチくんは、この旗印の精霊なのだそうです。^^

カメラバッグにシロモチくんをぶら下げている人を見かけたら、ワタシです。
そぉ~と、見守ってくださいw

キャラクターに弱いんですの~。
テンション上がり過ぎて、ひとり姫シリーズできなかったな。

「シロモチくんの館」 津城址隣接・社会福祉センター1階。金・土・日(午前10時~午後4時まで)
グッズはJR津駅「アスト津」2階、観光協会のお店で買えちゃいます。
どちらもめっちゃ親切でした。  こういう出会いも楽しいですね。
by tmk-efuyon | 2009-01-30 00:49 | 三重県の風景 | Comments(6)

津のまち紀行*津城址

お城好きなら、ここに行かないわけにはゆきませぬ。
津城址、お城公園へいざ!
お城は、明治時代に火事により焼失してしまい、内堀や石垣、門などで昔の威光が偲ばれます・・・
その昔、天守台には五層の天守閣が建てられていたとあり、見たかった~。
関が原の戦いの頃ですが(^^;

お城っぽいけど、櫓です♪
e0156251_028933.jpg


e0156251_0291751.jpg

梅は咲いたか、桜はまだかいな?
この日は、とても冷え込んだのですが、梅花のあたりはほんのり甘い香りに包まれていました。
早く春よ来~い! 春が待ち遠しいです。
お堀が桜に包まれるのを想像しちゃいます♪

e0156251_036385.jpg

もうすぐ夕暮れの光が優しくて、しばらく眺めていました。
南国風な木が交じっていますね。


つづいております^^  
by tmk-efuyon | 2009-01-29 00:44 | | Comments(4)
津を訪れると、いつも立ち寄るお気に入りの場所です。
数百隻のヨットに囲まれ、心はセーラー、波間を走りぬけるつもりになります。
真冬の海風にすっかり体が冷え切ってしまったので、ゲートの前の素敵な喫茶店へ。

e0156251_04776.jpg

上級の船舶免許を取りたくて、ちょっとメラメラ♪

つづきます・・・^^
by tmk-efuyon | 2009-01-28 00:09 | 三重県の風景 | Comments(4)
先週末に所用で三重県・津市に行ってきました。
片道3時間の日帰りドライブ。
紀伊半島に住む人間は、大阪、京都、名古屋のいずれの方角へも、だいたい車で4時間を見込むので、長距離といっても3時間ぐらい何て事はありません(アレ?私だけっすか?)。
所用を済ませてほんの少し時間ができたので、津のまちをぶらりと。

e0156251_0285538.jpg

ここ、御殿場海岸は藩祖、藤堂高虎公が浜遊びをされたという由緒ある浜辺です。
うちの地元の浜は砂利浜なので、このような遠浅の白砂海岸に憧れます。
潮干狩りでも有名なんですよ♪
シーズンオフで、海の家は閉店中ですが、夏を想像するとすっごく楽しそう!
はまぐり、あさりなど磯モノの看板が寒風の中、またまた食欲をそそりました。
(^^ゞ やはり、花より、風景より団子派はあいかわらずで・・・

e0156251_037763.jpg


e0156251_0373619.jpg

段のある海岸は初めてです! 
あ、波が来た!きゃぁ~♪って、逃げようとしてコケそうになったのは秘密です^^

つづく・・・
by tmk-efuyon | 2009-01-27 00:47 | 三重県の風景 | Comments(6)

温故知・新宮

熊野川の河口をてくてく散歩してきました。
河口の風は冷たくて、コートの襟を立てなきゃいられないほど。
風をさけて、巨岩の傍へ。
e0156251_6522038.jpg


e0156251_6534510.jpg

梵字が円相のなかに彫られてるの、見えます?

史跡 宮井戸遺跡にて
by tmk-efuyon | 2009-01-26 07:01 | 新宮市 | Comments(6)

大先生の生家跡にて

よく三大○○といいます。
一時大流行した、三大テノール。 
声がキラキラと輝いていたパバロッティがお気に入りでした。

ところで、日本の写真界の三大先覚者をご存知ですか。
長崎の上野彦馬、横浜の下岡蓮杖、そして熊野出身で函館の田本研造。
田本大先生は、ある写真をお撮りになったらしいということで、有名なのですが・・・

近年の幕末ブームで、熱烈なファンが多い新撰組副長・土方歳三の肖像写真!
断髪で軍服(?)を着て、男前さんに写っている、あの有名な写真です。

大先生の生家の跡がある、熊野市神川町神上を訪ねました。
石垣が残っています。  大きめな家だったのかな~と伺えるような石垣。
うむむ・・・単なる石垣をニュアンス込めて写すワザを持っておりませぬ(汗)。
裏の竹林が印象的でしたので、ちょっと。
e0156251_12263111.jpg


e0156251_1226598.jpg

大先生を追いかけて、いつの日か素敵な1枚が撮れたら・・・
そんな夢をみてもいいですよね。 夢から覚めることばかりでしょうけど、夢は夢ですもの。

熊野市街から行くと、神川郵便局の前に柳谷の看板があります。 
その看板を右折、道なりに数百メートル行った右手にあります。 
これからだと桜咲く頃をおすすめします♪
もう少し先に神川小学校、七色ダム、時間があればそのまた先の池原ダムもあり、楽しめますぞ(^^ゞ
by tmk-efuyon | 2009-01-25 12:50 | 熊野市 | Comments(4)

キミは弥生人かぃ?

いっきに太古の時代へ、バック トゥ ザ フューチャー!
って、この英語の使い方合ってます?(カタカナだしw)

普段、生活している傍に、ひっそりとそこだけワープしたかのようにたたずむこれは・・・!
昭和29年3月に弥生式竪穴住居跡が発見され、52年本格的に発掘、調査、その後復元したものです。
弥生時代から古墳時代への竪穴住居の跡が一ヶ所に重なって残っているという、全国でも珍しいものなのだそうです。
e0156251_7405488.jpg

ガーデニングがアロエなのも、黒潮おどる南洋な感じ♪

阿須賀神社のお隣りにあります。
by tmk-efuyon | 2009-01-24 07:49 | 新宮市 | Comments(6)

ある晴れた日に

尾鷲市街を見下ろせば、絶景かな、絶景かな♪
遠くの峰に雪は降りつつ・・・

鳶が飛んでゆく・・・

e0156251_23442889.jpg

ここは、夜景にも挑戦しなくてはいけない場所ですね♪
by tmk-efuyon | 2009-01-23 00:00 | 三重県の風景 | Comments(8)

羊歯の海

ざわわぁ・・・ざわわぁ・・・

椿園ではお目当ての椿にふられちゃったけど、羊歯の海に出会った~♪(byうるるん)
あたり一面、まるでおじぎをしているような。
そんなに歓迎してくれなくても~♪

e0156251_0817.jpg


e0156251_082846.jpg

尾鷲市・世界の椿園にて
by tmk-efuyon | 2009-01-22 00:27 | 三重県の風景 | Comments(4)