ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:どうぞう( 3 )

イケメン担当写真班

e0156251_23235139.jpg


世の中は今、「オジサン」が静かなブームなのだそうだ。
ほんまかいな~?と思われる向きもあろうが、オジサン関連本をよく目にする。
紀州のイケメン担当写真班のTMKも、そのあたりは気になるところ・・・(笑)。
オジサンといっても、色々な御仁がいらっしゃる。
オジサマ、オッチャン、オッサン、そして紀州ではオイサン(笑)。
そういえば、もう死語になってしまった、ナイスミドルなんていうのも。
不肖TMKは、お髭の似合うオジサマに超萌えマス。
ハリウッドの映画俳優では、クラーク・ゲーブル、ショーン・コネリー、ってちと古い?
ん~♪ ブラッド・ピット、ジョニー・デップも素敵ぃ♪
バート・レイノルズになると似合いすぎて絶倫感もありすぎて、ちょっと引くかも(笑)。
オッサンはちょいと敬遠したいけれど、愛嬌のあるオッチャンや、無骨だけど優しいオイサンはいいなぁ。

ところで、よく殿方は、「女房と畳は新しい方がいい」なんて仰る。
我々女どもからは、「亭主とシステムキッチンは新しい方がいい」ということにさせていただきましょう(笑)。
えっ?話が違うって?
いいえ、ボーイフレンドなオジサマ達は別よ♪

ということは結局、あらゆる世代のイケメンを担当したいんだという事を再確認した不肖TMKでございます(^^ゞ

新宮市 徐福公園にて 「徐福像」 Kodak 125PX  キャノンFTb
by tmk-efuyon | 2012-03-02 00:14 | どうぞう | Comments(10)

ふりさけ見れば


e0156251_225423.jpg


古代中国のお話。
秦の始皇帝から不老長寿の霊薬を探すように命じられる。
厳しい波頭を乗り越えて、はるばる日本にやって来たその男、徐福。
全国津々浦々に、徐福来航の伝説が残っていたりする。
その佇まいにふと気づくと、おぉ!あのお方は・・・などと。
それはまるで、弘法大師か寅さんか(笑)。

徐福もその昔、遠い故国を思い出して感慨に耽ったのだろうか・・・。


新宮市 「徐福公園」にて
by tmk-efuyon | 2012-02-28 23:08 | どうぞう | Comments(6)

ゆうがく先生


e0156251_22175155.jpg


斜め45度的、男の背中・・・
威風堂々、シビレます・・・

なんて、妄想にひたっている場合ではない(笑)。
前から興味を持っていた濱口熊嶽(ゆうがく)先生に、先日偶然出会いました。
そう、先生の銅像にぃ。
何かを想っていると、それに関連することに会うってことないですか?
お会いしたかったです~。
熊野の摩訶不思議、ゆうがく先生♪

資料によると、ゆうがく先生は・・・
「長島の貧しい漁師の家に生まれ、網引き小僧をした後、那智山に入り多年の修行により、ある種の
祈祷術を身につけ、種々の病気治療を生業とするようになる。
やがてその名は全国的に知られるようになり、遠くは中国、アメリカにまで出かけ治療を行った。
一代にして巨万の富と名声を手に入れた熊嶽はその財を郷土の為に惜しげもなく使った。」

ゆうがく先生の曾孫の方に伺うと、本宅は東京だが、紀伊長島町に別邸がありました。
当時の写真(昭和初期)を見せてもらったのだが、実に素晴らしかった。
別邸前に停められている先生所有の三台の車、出迎える書生、秘書、請願巡査。
瓦の波が続く邸宅、土蔵、漆喰壁の石垣、風格のある門構え。
そして、今は昔・・・。
屋敷の一部分が、伊勢市内の喫茶店に使われているらしく、いつか訪ねていきたいと思う。



e0156251_23154831.jpg


三重県紀北町紀伊長島区
濱口熊嶽師之像
by tmk-efuyon | 2011-06-02 23:25 | どうぞう | Comments(11)