ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:風景( 112 )

京都ぶらり*その参


京 ひとり

底冷えのする冬の旅


e0156251_2382915.jpg


寒すぎて、恋人たちがだぁ~れもいないゾ(笑)。


鴨川にて
by tmk-efuyon | 2011-02-05 23:12 | 風景

撮影会のいいところのひとつは、違う目線を感じられること。
思いもつかなかったアングルに気付かされます。
固定観念に縛られているよ、自分!
もっともっと、やわらか頭にならなくては!


えっっ?! そこからですか!


マジですか~! 


ん~♪  ワタシもそこから撮るぅ~!



e0156251_22354827.jpg


那智の滝を売店越しに撮ったの、は・じ・め・て♪

那智勝浦町にて
by tmk-efuyon | 2010-12-28 22:40 | 風景

「陰」と「陽」

相反するふたつのもの。


e0156251_21463772.jpg







e0156251_21493940.jpg







e0156251_2150854.jpg


光と影・・・。
モノクロで挑戦してみました。
・・・すみませぬ~。 三脚なしでっっ そんでもって、そんでもってぇぇ~ ノ(>ω<)ノ
縦、横写真の比率にも全然慣れない(苦笑)。
ワタシの心も、相反してマス・・・。

キャノンFTb
by tmk-efuyon | 2010-12-27 22:00 | 風景
年末特別企画「TEAM F4 - 嗚呼、堂々のニコンF4撮影会?! -」 

写真やカメラがつなぐご縁の輪。
そのなかでも、ニコンF4を愛する(笑)方々と、那智勝浦町へ行ってまいりました。
本日より4日連続でお届けしますので、ちょっこしご期待くださいませ。
(本当は、デジイチの動画機能を使って、「TEAM F4 THE MOVIE」にしたいぐらいだったのですが♪)



陽の陰陽

まずは、「陰陽の滝」へ。
ここは、修行が行われる場所でもあり、特に神聖な佇まいの滝です。
陰陽の名の通り、陰陽道、男と女、いろいろな解釈があろうかと思います。
この滝は、撮影する人のその時のオーラが写真に出てくると言われておりまして、「陰」と「陽」いずれかの
イメージが醸し出てくるそうなのです。
光があれば陰がある・・・。
どちらがいい悪いではなく、どちらも必要なもの。
ワタシの場合は、どうでしょうか?
ん~♪ めっちゃ明るいYO!  いえ、陽に傾いている気がします。



e0156251_1126629.jpg


到着したのが正午近くでしたので、ちょっと心配でしたが、虹が少しだけ出てくれていました。
もう少し早く午前11時前後でしたら、完璧にキレイな虹が彩っていたでしょうね・・・。




e0156251_11311194.jpg


あえて、横写真(笑)。
少し、色気を感じるのはワタシだけですね、そうですね。
ご想像におまかせいたしとう存じます(笑)。



e0156251_1140811.jpg






e0156251_11441673.jpg


振り向けば、こちらも静かな光景が・・・。


那智勝浦町にて
by tmk-efuyon | 2010-12-26 11:50 | 風景

もっと森の中へ



緑に蝕された温室を後にして、もう少し歩みを進めてみました。



そこには・・・



e0156251_18194880.jpg






e0156251_18213886.jpg






e0156251_1822296.jpg

by tmk-efuyon | 2010-12-12 18:24 | 風景

森の中


森の中の温室

内から外から、濃密な緑に蝕されてゆく

今はもう、誰も


e0156251_22533891.jpg








e0156251_22543161.jpg

by tmk-efuyon | 2010-12-10 23:09 | 風景

旧家を訪ねて・その参


e0156251_22223796.jpg


緑が美しい、母屋のお庭に参りました。
宮中の御庭師が、このお庭を造られたという。
紀州の地に、京の雅を感じる・・・。
このお宅にお邪魔したのは、10月の末の頃でした。
今頃は、さぞや素晴らしい紅葉でしょう。




e0156251_22343469.jpg


由緒ある家を受け継ぎ、次代へ継承してゆくことの凄さを目の当たりにしました。

ご主人様、この度はほんとうに有難う存じました。


T邸にて
by tmk-efuyon | 2010-12-01 22:42 | 風景

旧家を訪ねて・その弐


ごめんくださいませ。


e0156251_21181146.jpg


風格ある和風建築に、圧倒されます。
重ねてきた年月が、木目に独特の風合いをもたらしています。
漆喰の壁、どっしりと構えた甍、堂々と張り出た庇(ひさし)。
前を横切っている梅の古木が、早春に彩りを添えているのでしょう。



e0156251_21361784.jpg


ちょっと、分かりづらいかもしれませんが、庇の下に水平に通っている一本の桁をご覧ください。
全くの継ぎ目なしで、均等な幅なのですよ!
と、いうことはですね、どれだけの巨木から切り出されたのかが推測されるのです。
素晴らしい・・・。
ちなみに、1枚目の写真に写っている、玄関側の方の庇にも通っております。
35ミリレンズで撮りましたので、左側が切れていますが、ずっと左の先まで一本通しなのであります。
もちろん、継ぎ目なしなのは言うまでもなく。
なお、隅にちらっと写っている建物は、皆、この邸内の建物ですのよ♪



e0156251_2145477.jpg






e0156251_21465619.jpg


このお屋敷には、モノクロフィルムの方がよかったなぁ・・・。


それでは、ご主人さまのお言葉に甘えまして、明日は別棟の母屋のお庭へ参ります。
by tmk-efuyon | 2010-11-30 22:05 | 風景

旧家を訪ねて


e0156251_21204676.jpg


あてど無く、カメラを提げてぶらりと歩いていた、ある日曜日のこと。
鄙びた町並みの中で、素晴らしいお屋敷に出会いました。
何気なく塀の辺りを見れば、そのお屋敷のご主人様らしき方が。
ご挨拶をして、少しお話をした後、おずおずと、写真を勉強していること、
ついてはお庭を撮らせていただきたい旨を伺うと、快く邸内へ入れてくださいました。
和歌山県紀南地方では由緒ある名門の御宅です。



ご主人様と出会った小道。

e0156251_21483245.jpg



明日は、邸内へご案内いたします。
by tmk-efuyon | 2010-11-29 21:58 | 風景

ミステリーゾーン


道に迷ってたどりついた、見慣れたまちかど


e0156251_230192.jpg


影が面白い季節になってきましたね♪
これで、正午の影です。
左右いずれの方からも、じわじわと影が伸びてきている・・・みたいな。
ちょっと、「貞子」のテーマ曲(?)を思い出してしまったっちゃ。
来るぅ・・・きっと来るぅ・・・
by tmk-efuyon | 2010-10-21 23:12 | 風景