ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ゆうがく先生を訪ねて 前編

三重県で生まれた三名士とは・・・
憲政の神様 尾崎行雄
真珠王 御木本幸吉
そして、濱口熊嶽

北村博司著「奔流 浜口熊嶽の生涯」(紀州ジャーナル社刊)によると、
熊嶽(ゆうがく)先生は、紀伊長島の貧しい漁師の家に生まれ、綱引き小僧をした後、那智山に入って修行し、ある種の祈祷術を身につけ、
種々の病気治療を生業にする。
やがて、その名は全国的に知られるようになり、遠くは米国まで出かけて治療を行った。
抜歯術が得意で、出血も少なく虫歯を抜いたという。
一代で巨万の富と名声を手に入れ、その財を郷土の為に惜しげもなく使った。

紀伊長島の偉人です。
不肖MYブログをご覧になってくださったのがご縁で、紀伊長島のM先生にゆかりの地をご案内いただきました。


e0156251_23583961.jpg


ゆうがく先生の別邸跡です。
重厚な石塀に囲まれた、壮麗な屋敷に蔵の数々は今は昔、この建物だけが残っています。
守衛さん専用の建物だったのだそうです。
往時が偲ばれますね。
大正2年に建てられた屋敷全体の総工費7万円は、帝大出の初任給が45円の時代につき、現代で換算すると2億円ほど。

e0156251_0581681.jpg





e0156251_0591087.jpg





e0156251_0594565.jpg


ちなみに・・・抜歯は、気合で抜いたそうです!!!
詐欺罪や医師法違反の罪で何度も起訴されたものの、その度に勝訴したという。

三重県紀北町紀伊長島区松本にて

エフケ25
Commented by kid at 2011-11-06 12:21 x
うわ~重厚な建物ですね。
当時のことですからきっと良い材料を使い建てられたのでしょうね。行ってみたいなあ。
Commented by ymichi at 2011-11-06 19:01 x
普段なにげなく通り過ぎている場所ですが、改めて見るとなかなか趣がありますね。ガラスの模様も懐かしい感じです。
Commented by tmk-efuyon at 2011-11-06 22:20
kidさん☆
宮大工さんが建てたお屋敷を見たかったです。
いえ、建てるところから見たいですねぇ。
Commented by tmk-efuyon at 2011-11-06 22:24
若先生☆
昔のガラスがいい雰囲気ですよね。
ここを、何か文化的なことに活用されたらいいのに・・・
オーナーさんの都合もあるでしょうけれど。
Commented by かつ爺 at 2011-11-09 14:04 x
普段は駐車場なので見過ごしますねw
ここは昔太陽館という映画館がありまして
濱口さんという熊獄ゆかりの方が経営してました。
その方と同級生がやっていた魚屋兼居酒屋でよく
一緒に飲みました。余談ですがw
Commented by tmk-efuyon at 2011-11-09 22:01
かつ爺さん☆
そちらへお邪魔した折に、度々通ったはずですが、ワタシも見過ごしてました(^^;
雰囲気のある建物なので、使わないでいるのはもったいないなぁ・・・と思いました。
身内の方やゆかりの方が今でもご健在でしょうね。
知れば知るほど摩訶不思議な先生です!
by tmk-efuyon | 2011-11-06 01:22 | 建物 | Comments(6)