ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

学び舎

サイタ、サイタ。 サクラガ、サイタ。

今にも、子供たちが声を合わせて国語の本を読む姿が想像できるような・・・。

そんな山里にひっそりとたたずむ学び舎の跡を訪ねました。


e0156251_2364857.jpg





e0156251_23124569.jpg


屋根の上に「學」の瓦が!
朝、登校してくる子供たちが見ていたであろう瓦。
大変誇らしく思えたに違いない。


e0156251_23135710.jpg





e0156251_23152589.jpg


敷地の中に、この山里に生まれた古畑種基先生(1891-1975)の碑がありました。
日本の法医学の草分けで、ABO式血液型の研究に大きな功績を残されたという。
医学博士。



e0156251_23203469.jpg


1ケ月ほど前に、撮りためていたものです。
早場米が市場に出回る今では、綺麗な小金色の稲穂が揺れています。
青年クラブとして使われているこの建物も、老朽化により取り壊すのだとか。
この秋に・・・。


三重県・紀宝町平尾井にて
Commented by RAC at 2011-08-31 00:09 x
どうしてこういう建物を取り壊してしまうんでしょうねぇ。
大工の建てたような建築物というのは、今後新たの作られるとは思えないので、ますます貴重になるんでしょうね。
でも、防災面とか考えると仕方ない側面もあるんでしょうか?
どんどん味気ない無機質な世の中になっていくなぁ…
Commented by kid at 2011-08-31 09:19 x
ちょっぴりうちの実家に似ているような・・・・。うちの実家はたぶん築100年近いと思います。ふる~い。
Commented by かつ爺 at 2011-08-31 19:22 x
木造の家っていいですよね、家の本家も古くて
天井に太い柱がむきだしです。
格子戸になってるしその前に従弟が花を一杯
並べてます。
Commented by mie at 2011-08-31 19:42 x
老朽化を理由に取り壊されてしまう建物と、
移築してまで文化財として保存される建物とのボーダーラインはどこ?
残念やねぇ..... 

この学びの文字、通いたくても通えない子も見上げてたかもしれないね...
Commented by tmk-efuyon at 2011-08-31 23:38
RACさん☆
歴史ある木造の建物がどんどん無くなっていきますね。
工夫次第で、防災面の問題はクリアできると思うのですが。
結局は、維持費の問題もあるかもしれませんねぇ。
過疎化が進んで、地域で支える負担も大きいし・・・。
・・・ぷちブルーになってきましたー。 
どの自治体でも悩みは共通です。
時折通りかかって、どんな姿になるのか見届けようかな・・・。
って、そうとう歪んでますね(苦笑)。
Commented by tmk-efuyon at 2011-09-01 00:21
kidさん☆
築100年はスゴイですね!!!
ぜひぜひ撮らせてくださいませ m(_)m
何日かに分けて、じっくり撮れたら・・・と、思います。
100年前の大工さんの仕事を見たいなぁ。
フィルム20本は軽く飛び越えると、思います(^^ゞ
晩秋から初冬あたりで、帰省される予定はありませんでしょうか・・・。
Commented by tmk-efuyon at 2011-09-01 00:31
かつ爺さん☆
木造は、落ち着きますよね~。
戦前に建てられた建築物が取り壊されるのは、本当に哀しいです。
学校だったのが、余計に切なくなります・・・。
かつ爺さんのご本家も凄そうですね!
天井も床も柱も、いい色になってそう♪
Commented by tmk-efuyon at 2011-09-01 01:05
mieさん☆
そのボーダーラインは・・・資金力かもしれませんね。
役場も文化財ではないので、補助金を出せないだろうし。
過疎化が進んだ所で、住民の負担増になってしまうし・・・。
もう、いたるところにそんな木造建築を見かけます。
記録してゆこう! と、思い立ちました。
勝手連ですが・・・
by tmk-efuyon | 2011-08-30 23:14 | 建物 | Comments(8)