ニコンF4でつづるフォト日記    たまにはキャノンFTb


by tmk-efuyon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

旧家を訪ねて・その弐


ごめんくださいませ。


e0156251_21181146.jpg


風格ある和風建築に、圧倒されます。
重ねてきた年月が、木目に独特の風合いをもたらしています。
漆喰の壁、どっしりと構えた甍、堂々と張り出た庇(ひさし)。
前を横切っている梅の古木が、早春に彩りを添えているのでしょう。



e0156251_21361784.jpg


ちょっと、分かりづらいかもしれませんが、庇の下に水平に通っている一本の桁をご覧ください。
全くの継ぎ目なしで、均等な幅なのですよ!
と、いうことはですね、どれだけの巨木から切り出されたのかが推測されるのです。
素晴らしい・・・。
ちなみに、1枚目の写真に写っている、玄関側の方の庇にも通っております。
35ミリレンズで撮りましたので、左側が切れていますが、ずっと左の先まで一本通しなのであります。
もちろん、継ぎ目なしなのは言うまでもなく。
なお、隅にちらっと写っている建物は、皆、この邸内の建物ですのよ♪



e0156251_2145477.jpg






e0156251_21465619.jpg


このお屋敷には、モノクロフィルムの方がよかったなぁ・・・。


それでは、ご主人さまのお言葉に甘えまして、明日は別棟の母屋のお庭へ参ります。
Commented by RAC at 2010-11-30 23:23 x
これは凄い!
お手伝いさんが似合いそうなお宅ですね。
個人所有の邸宅なのですか!?
Commented by かつ爺 at 2010-12-01 09:36 x
老作家が住むのにいい邸宅ですね、
私の本家の邸宅も古い、土蔵は壊したけど
Commented by ymichi at 2010-12-01 18:34 x
最近あまり見られなくなった旧家ですねー。撮らせてもらえてラッキーでしたね。
Commented by tmk-efuyon at 2010-12-01 22:00
RACさん☆
個人の邸宅です~。
この写真の家と、母屋、土蔵、使用人用の家(往時のね)、そして、
瓦や材木などの補修用の材料を置くだけの家も!
その材料置き場の家も、普通の建売住宅くらいの大きさでした!
Commented by tmk-efuyon at 2010-12-01 22:12
かつ爺さん☆
その老作家には、着物でいてほしいですね。
袴が凛々しい書生さんもいてほしい~(笑)。
作家の末娘は、えび茶色の袴に矢絣の振袖が可愛らしい女学生で・・・
って、妄想しちゃいますね(^^ゞ
かつ爺さんの御本家、拝見させていただきたいです・・・。
Commented by tmk-efuyon at 2010-12-01 22:19
若先生☆
記念館になっている家ではなく、実際にお住まいのところへお邪魔して、
お願いして撮らせていただいたのは、初めてです。
とても幸運でした。
とはいえ、プライベートな空間でもありますので、撮りまくるというわけ
にもいきませんでした。
家のスケールにレンズが合わず、四苦八苦でした~(^^;
Commented by kid at 2010-12-04 12:15 x
う~ん風情があり、素敵です。
今度ぜひ私の実家の写真をお願いしたいものです。
たぶん大正末期から昭和の初めにかけて建てられたものですので、かなり老朽化していますが・・・。
Commented by tmk-efuyon at 2010-12-04 22:32
kid☆
え!! いいんですか! 
マジで行きますよー(笑)。
モノクロで、じっくり撮らせていただきたく・・・。
by tmk-efuyon | 2010-11-30 22:05 | 風景 | Comments(8)